特典画像

  • チェックマーク

    医者の言うことは絶対と思っている

  • チェックマーク

    薬を飲めば体が良くなると思っている

  • チェックマーク

    健康のためには体を動かせばいいと思っている

  • チェックマーク

    爪は短く綺麗にするものと思ってる

  • チェックマーク

    姿勢はよくするべきと思っている

  • チェックマーク

    深呼吸するときは胸を張ると思っている

  • チェックマーク

    健康のためには栄養を摂ればいいと思っている

  • チェックマーク

    炭水化物は減らした方がいいと思ってる

価値観、ミッションに生きるためのベースとなる健康を守るための情報を得て、自身の身体のフィードバックにいち早く気づけるようになるのが、この 『JDS ウェルビーイング』です。

JDS ウェルビーイングは、素晴らしい人体の仕組みを知り、日々感謝しながら健康を維持・増進するための知恵が凝縮されています。

なので、あなたは、自律神経が崩れたままの人生や、いろんなことに振り回される人生、本来の実力を発揮できないままの人生とは縁がなくなるでしょう。

なぜなら、中庸思考と体のつながりが論理的にわかるようになるからです。

さらに、知らず知らずのうちに起こっている自分の動きで骨を削り取られるようなことや、化学物質や薬で細胞が傷つくこと、医者に言いなりの人生とも無縁になります。

人体の仕組みや健康を守るための情報を知ることで、老化が進むスピードを遅らせることも可能です。

健康寿命を長くすることができ、死ぬ直前まで人間らしく、価値観、ミッションに生きることができるようになります。

カラダを酷使する必要がないので、心のゆとりができて、毎日がもっと楽しくなります。

『JDS ウェルビーイング』によって、あなたの体が楽になるだけではなく、大切な方たちと健康でいきいきとした毎日を生きられるようになるのです。

『JDS ウェルビーイング』で自分の体も大切な人たちの体も楽になり、気分も晴れ晴れとする、最高の知恵が手に入ります。

その証拠に、、、

口コミのタイトル

※個人の感想です。効果には個人差があります。

ピアノを弾くことに応用したら、
鍵盤の上で手が開きやすくなり
難しいと思っていた曲も
楽に弾けるようになりました。

全人類に学んでほしい!心からそう思える人としての根本的なカラダの使い方です。

ピアノを弾くことに応用したら、鍵盤の上で手が開きやすくなり、難しいと思っていた曲も楽に弾けるようになりました。

カラダの使い方を理解できることはすごいことです。 日常生活も楽になり、五十肩の原因になっている日常の動きに気づいて、痛みから解放されました。

もっと早く知っていたら悩まなかったということが山のようにあリます。これからもピアノの教育に生かして誰でも楽にひとまわり上のレベルに行けるようにお手伝いしていきたいと思います。

よこやまのりよさん

音楽教室経営

この学びを通して
カラダの取り扱いがわかり、
病気になる前よりいろんなことに
挑戦できるようになりました。

重症筋無力症と診断されていて、自分は無力感を感じていました。実際、すぐに疲れも感じていました。

でもこの学びを通してカラダの取り扱いがわかり、筋力で動くのではなく骨で動くということがわかり、病気になる前よりいろんなことに挑戦できるようになりました。

自分のカラダと対話しながら、どんどん出かけたり、諦めていたピアノを楽しんでみたりしています。 これからも健康の知識を増やしていきたいです。

はやまかなさん

心の絵本のコンシリエーラ

こんなすごいことを
今まで知らなかったのが
恐ろしいと思いました。

長い間ずっとピアノを弾いてきましたが、ある曲をきっかけにどうしても肘が痛くなり、このままでは体を壊してしまうと思いました。

そんな時に「これで解決できたらすごい!」と思ってカラダの使い方について、学び始めました。

おかげで無理に力を入れていたのに気づくことができました。 痛みなく弾けるようになり演奏の精度も上がりました。

こんなすごいことを今まで知らなかったのが恐ろしいと思いました。誰が教えてくれる訳でもないので、動かしている自分の体が正しい使い方になっていなかったのです。

肩こりや首こりなど、長年の悩みはしょうがないと思っていましたが、なくなりました。

皆さんにお伝えしないと勿体無いと思って、ピアノの生徒さんにも教えましたが、即効果も出ています。

さかのりえさん

音楽教室運営

人に迷惑をかけていると
思っていた自分から、
共に生きていると
思える自分に変わりました。

重度肢体不自由で、誰かの介助を必要とします。

姉に誘われて、キネ王アカデミーのベースとなるキネステティク・クラシック(・ネオ)を一緒に学習しはじめました。

私は脳性麻痺ですが、学習を通して体の仕組みがわかったら、体が緊張しなくて動きやすくなりました。

また、介護者の体を壊すことのない、共生の具体的な動き方がわかりました。

いつも抱えてもらっていたけれど、抱えてもらわなくても、ほとんどのことが可能だとわかりました。

人に迷惑をかけていると思っていた自分から、共に生きていると思える自分に変わりました。

介助を受ける立場だけれど、私が学ぶことで、介助をする人の健康障害もなんとかできる!と実感してファシリテータになりました。

今は、カラダの動きが前より楽になり、生きている実感をより感じられます。

一生の財産として毎日の自分の健康的な動きに使うだけでなく、多くの人にも伝えていきたいです。

ナカチユイさん

沖縄県 20代

カラダの仕組みを知ることで
パーっと光が見えたように
体を壊さない動き方や
家族の動きの可能性や
希望に出会えました。

2歳年下の妹が脳性マヒで、私は気づいた時から腰痛持ちでした。

そして、幼いときに母が急逝し、私は妹のメインの介護者となりました。

母は生前、折々に、大人になっても妹のことを気にかけてほしいと言っていて、私は看護師を目指しました。

大学で看護の教育を受けたけど、学んだことには妹の介護が楽になる情報はなくて、自分の未来は真っ暗に感じていました。

体がボロボロで前向きにはなれなかったのですが、中本さんに出会い、カラダの仕組みを知ることでパーっと光が見えたように、体を壊さない動き方や、家族の動きの可能性や希望に出会えました。

多くのひとに学びを共有したいです。

ナカチニナさん

沖縄県 20代

その他にも、、、

「自分の身体の声を聴けるようになった」

「自分の身体を信頼できるようになった」

「子どもに受けさせる医療ケアを慎重に選べるようになった」

「日用品を選ぶ基準ができた」

「妊娠期が楽に過ごせるようになった」

「赤ちゃんの肌が綺麗になった」

「不調の原因に自分で気づけるようになった」

など、たくさんの喜びの声をいただいています。

あなたもJDS ウェルビーイングで、そんな人生を生きませんか?

もし少しでも気になったなら、以下のボタンをクリックしてベーシック講座に参加してみてください。

開催日程 開催時間
12/4(日) 19:00~22:00
12/8(木) 19:00~22:00
12/22(木) 9:00~12:00
1/12(木) 19:00~22:00
1/15(日) 9:30~12:30
1/19(木) 14:00~17:00
1/26(木) 19:00~22:00

いまお申し込みいただくと、 早期割引価格1,000円(税込)でご参加いただけます。早期割引期間を過ぎた場合のお申込みは、通常価格である3,000円の参加費となりますので、予めご了承下さい。

各回の5名に到達次第、受付終了となります。 ご検討されている方は、ぜひお早めにお申し込みください。

セミナーはお支払いが完了した時点で参加確定となります。お支払い完了前にご希望の日程が満席となった場合はお席をご用意をできない可能性がございます。何卒ご了承下さい。

【主な経歴】
  • ・㈱ケアプログレスジャパン 代表取締役
  • ・(一社)日本キネステティク普及協会 代表理事
      兼 ファシリテーター養成担当理事
  • ・足爪フットケアアドバイザー・スーパーバイザー
  • ・フェルデンクライス・メソッド教師
  • ・アメリカ合衆国クリーブランドクリニック修了 看護師(ET/WOCナース)
  • ・広島大学大学院保健学研究科 博士課程後期満期退学
  • ・山口県立大学大学院 健康福祉学研究科修了 健康福祉学修士
  • ・福岡県看護協会専門教育センター皮膚排泄分野 元専任講師
  • ・呉大学(現広島文化学園大学)看護学部看護学科 元助教
  • ・沖縄県公立大学法人名桜大学大学院 非常勤講師
  • ・看護師
  • ・看護介護コンサルテーション
  • 〈著書〉
  • ・2017年8月「重力を味方にするキネステティク・クラシック」をケアプログレス・ジャパン出版より出版。
  • ・2018年1月~6月看護専門誌「看護教育(医学書院)」 に「キネステティク・クラッシック・ネオの可能性」を6回に渡り連載。
  • 〈監修・編集〉
  • ・フランク・ハッチ 著 澤口裕二 訳 中本里美 編集
     「介助と支援のキネステティクス 2014」
  • ・横山記代 著 中本里美 監修
     「脱力は10秒でできる!:楽〜にピアノが弾けるカラダの使い方 2022」

幼少期から、重度の喘息、アレルギーなど、体調不良に悩まされ、人体に興味をもち、看護大学にて、人体の神秘に魅せられ、特に女性の身体に惚れる。

大学卒業後、新生児集中治療室→産科病棟勤務→ママや、赤ちゃんの不健康、教科書にも載っていない染色体異常の赤ちゃんに出会い、更に学びを深めるべく、大学院進学。

大学院を卒業後、産科専門病院で勤務し、病院内でできることの限界を感じ、2013年起業。

楽しく、幸せな育児、ママ達の経済的自立、子どもが伸び伸び育つ環境作りを目指しています。

開催日程 開催時間
12/4(日) 19:00~22:00
12/8(木) 19:00~22:00
12/22(木) 9:00~12:00
1/12(木) 19:00~22:00
1/15(日) 9:30~12:30
1/19(木) 14:00~17:00
1/26(木) 19:00~22:00

特典画像